キン肉マンの超人紹介

テリーマン

いわゆるダメキャラとしての地位を早々に確立したキン肉マン。

 

人気漫画の王道として、主人公とは正反対のキャラを登場させることで、その両方が際立つという手法があります。キン肉マンの場合、そこで登場したのが、ズバリ、テリーマンでした。

 

連載当時、いわゆるアメリカナイズされたおしゃれなフードとしてハンバーガーがフォーカスされていた時代風景があります。まさにそのハンバーガーをかじりながら、颯爽と登場したクールなテリーマン。

 

 

そしてそもそも初期こそこの対照的なキャラとして、明確な立ち位置のあったテリーマンですが、その後ロビンマスクやラーメンマン、ブロッケンマンなど、様々な超人が出てくると、次第にどちらかというと影の薄いキャラとなってしまいます。

 

得意技もスピニングトゥホールドと、ちょっと地味、いやかなり地味な技。戦績も他の正義超人に比べ、勝率は高くなく、いわゆる善戦マンな展開が続きます。

 

 

しかしその熱き魂、テキサスブロンコは、どんなに苦境に立たされても、また敵がどんなに強大でも、つねに立ち向かう、強靭な精神力。このファイティングスピリットが多くの読者の共感を得ます。

 

 

実際連載復活後、最初のシングルマッチや、そもそも誌面で最初に登場した超人もテリーマンでしたね。

関連ページ

キン肉マン
キン肉マンの超人紹介