キン肉マンの感想やレビュー

315話 ソルジャーの決意表明!!の巻

キン肉マンソルジャー、それこそ決意表明的なシーンはこれまで何度も当たったのですが、また新たな表明をしてくれるらしい(ワクワク)

 

 

 

以下、ネタバレあり

 

 

 

 

ソルジャーによると、ジャスティスマンの力に頼ってしまった

 

 

しかし、

 

 

このままでは我らはいけない!

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

・・そりゃそうだw

 

 

 

 

 

 

気を取り直して続きを見ていくと、

 

 

 

ザ・マンによるご提示があり、

 

 

それによると、

 

 

 

次なる闘いの相手は、神そのものなのだから!

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

・・そりゃそうだw

 

 

 

 

 

 

しかしこの展開、いやキン肉マンに通底して言えることなんですけど、

 

 

当たり前のことをキャラが話していても、

 

なんかすごい説得力があるんですよね。

 

 

 

 

 

気を取り直して続きを読んでいくと、

 

 

とりあえず戦うべきは神全員ではなく、調和の神の一派とのこと。

 

 

 

 

そしてかつて運命の五皇子に憑依したような形ではなく、

 

 

神が「下天」してくるのだそうです。

 

 

 

 

 

まあ、ザ・マンのような形ですよね。

 

 

 

 

 

 

なんというか、強さのインフレじゃないですけど、もう闘うべきは神しかいない的な流れになってきてますが、

 

しかしこの湧き出るようなワクワク感はなんでしょうね☆

 

 

 

 

316話に期待しましょう!

 

 

 

P.S. 最後にネプチューンマンとネメシスが出てきました。

 

 

 

 

関連ページ

第314話「“調和の神”の正体!!の巻」
キン肉マンの連載の感想やレビューなどを綴っています